アレルギーなどについて

勉強をしました。

抗原には、病原菌などのほかに植物の成分や花粉なども含まれます。これらに体内の免疫機構が過敏に反応し、人によってはじんましんやくしゃみなどを引き起こすことがあります。このような症状はアレルギー(過敏症)といいます。抗原がからだの中に侵入すると、リンパ球がさかんに抗体と呼ばれるタンパク質を分泌するようになります。抗体は、特定の抗原だけに結合して無毒化したり、さらに抗体と結合した抗原は白血球細胞によって取り込まれて排除されたりします。このように、抗体と抗原とが結合して起こる反応を抗原抗体反応といい、抗原抗体反応によって異物を排除するしくみを体液性免疫といいます。抗原を認識し、排除するしくみのことを免疫系といいます。抗体は、血流にのって循環すると同時にだ液や腸内へも分泌され、新たな異物の侵入にも備えられるようになっています。このようなことを学びましたが、知らないことを知れて良かったです。

クリスチャンマリアナイトブラ