筋肉トレーニングで足を鍛える

足の中で1番大きい筋肉は、太ももの前腕にある大腿四頭筋です。

大腿四頭筋はジャンプ力はもちろん、全身のバネの起点となる部分の筋肉なので脚力だけではなく遠投力やパンチ力やキック力等あらゆる動作を行うのに重要です。

鍛え方はダンベルスクワットがあり、しゃがんだり立ったりを繰り返す事で足腰の筋肉を鍛えられます。スクワットは太ももの前を鍛える事が出来て、太ももの裏側やお尻や背中の筋肉いわゆる脊柱起立筋も強化出来ます。

ダンベルランジは、ダンベルを持って前に踏み込むような動作を行う筋トレです。ランジもスクワットと同じように、背中とお尻と太ももの裏側が鍛えられます。ロールスクワットは、筒状のものを背中に当てた状態でスクワットを行います。

体重を背中側にあずけてスクワットを行うので、通常のスクワットよりも背中が丸まりにくく腰への負担が少ないです。カーフレイズは、下腿三頭筋の力を使って身体を持ち上げる筋トレです。簡単につま先立ちを行うのと、同じようやり方です。

ワンレッグ・カーフレイズはカーフが下腿三頭筋の事で、レイズは持ち上げると言う意味です。ワンレッグとは片足で行う事で、両足で行う普通のカーフレイズより少しハードです。

http://childcarecentral.info/